• ホーム
  • カルピスとサンオータスの株価の動きについて

カルピスとサンオータスの株価の動きについて

カルピスは味の素に買収されたために、上場廃止となり取引はできない銘柄です。
その買収直前には大きく株価を上げたことでも知られています。
これは味の素との比率の関係から味の素と比較して割安と見られたことが理由です。
つまり、カルピスのように買収されると発表されても、上場廃止されるまでは思惑で値が動くことになります。
このような場合、実際には上場廃止されたら無価値となるので最終的には値を下げることになるわけですが、買収する味の素とのサヤ取りを行うことで投資機会が生まれることになるのです。
つまり味の素を売りカルピスを買う両建てとすることで、両者のサヤの動きを利用して利益を出すことができるというわけです。
頃合いを見て共に決済すればポジションを解消し、そこで取引終了というわけです。
一方のサンオータスは神奈川でガソリンスタンドやレンタカーを展開する会社ですが、市場に出回る株式数が少ないことに加えて取引量も少ないことから、時に大きく値を動かす以外はほとんど動かない特徴を持ちます。
業績そのものは安定していますし、長期保有するのであればサンオータスは投資資産としては安心して持てるものですが、時に大きく動く株価に惑わされることもあります。
けれども長期的な視点に立つのであれば、値下がりした時に買い増しし、急激に上昇する時に一旦売却することで、保有単価を下げることが可能となります。
これは昔の相場師が資産を大きく増やした投資手法ですが、あくまでも保有株数を増やすことを目的として買収することになります。
そのためにはサンオータスのような銘柄の株価の値動きは利用しやすいものとなります。
ただし現金化するために売却する際には、一度に売りに出すと大きく値を下げるリスクがあることも心得ておくことが必要です。