• ホーム
  • 世界の株価とユニチカの関係性

世界の株価とユニチカの関係性

打ち合わせする男性たち

最近は世界経済の安定で世界の株式市場は活況を呈しています。
そのような中、日本株も同様に非常に元気です。
以前までは世界の外国人投資家の売買が中心でしたが、アベノミクスによる景気対策とそれに伴う株価浮揚の影響で多くの個人投資家が株式市場に資金を振りむけてきました。
この影響で日経平均は大きな上昇をとげています、多くの大手企業が業績好調を維持し、株価もそれにあわせるように上昇しています。
今後もこの流れは引き続き続くと思われます。
今後は資金循環の観点から中・小型株にも資金が振り向けられると考えられています。
世界の資金は常に割安の銘柄を探して循環します。
日本のユニチカという会社は東京証券取引所1部に上場する会社です。
最近では主力の繊維産業からは撤退し、系遺影資源をフィルム等の高分子事業へと振り向けています。
また平行して環境関連製品などへも展開を初めています。
ユニチカの株価は近年、非常に低位で推移しています。
業績もまり芳しくない為、投資家やアナリストにはあまり人気がありません。
しかしこのような低位株はある時突然、仕手筋によって仕掛けられる事があります。
仕手はこのような低位株を密かに買い集め、突如大きく値段を上げます。
短期間で急上昇した後、大きく利益を確保した後で売り抜けますので、急落を引き起こします。
事情を知らない個人投資家は高値で掴んで、急落相場で逃げ遅れて大きな損失を出します。
ユニチカも今後は株価上昇の余地は多いにあります。
その時に仕手集団が仕掛ければ大相場演出する可能性が多いにあります。
その時に備えて、日頃から自身で管理するポートフォリヲの中にユニチカを組み入れておけば、思わぬ大きな利益を得ることが可能となります。

人気記事一覧